マンション購入と税金の関係

そのため、マンションのような価値の高い財産を購入したり、保有している場合にはそれなりの税金が課税されることになります。


マンションを購入した際には、不動産所得税、消費税、印紙税、登録免許税が課税されることになります。

不動産取得税は都道府県が課税する地方税で、マンションのみでなく不動産を取得した際に課税される税金です。

取得とは言っても購入に限定されているわけではないため、贈与してもらった場合や相続した際にも課税されます。
消費税については住宅部分に対してのみ課税されることになります。

さいたま市の住宅展示場情報探しに特化した総合サイトです。

購入する際に、不動産業者に仲介してもらったという場合、支払った仲介手数料に対しても消費税は掛かってきます。


三重のリフォームをあなたに紹介致します。

印紙税とは、契約書を作成した際に課税される税金です。

葛西の賃貸情報選びを親身になってアドバイスいたします。

マンションの購入時には不動産売買契約書を、住宅ローンで購入したという場合は借入時に金銭消費貸借契約書を取り交わすことになりますが、いずれにも印紙税は掛かってきます。


印紙税額は作成した契約書に記載されている取引金額で決まり、また現金ではなく収入印紙で納付することになります。

登録免許税とは、不動産登記を行った際に課税される税金です。


掛川の戸建に関するお役立ちコンテンツ満載です。

不動産登記については義務ではない(表示部に関する登記を除く)ため、登録免許税を支払わないということも可能です。
しかし、不動産登記を済ませておかないと、そのマンションの所有権が自分にあるものと認めてもらいにくくなり、将来売却する際に面倒な手続きを取る必要が出てきます。

様々な分野の神戸の中古に関しての情報を紹介しているサイトです。

そのため、不動産登記を行っておく必要があり、マンションの購入時には登録免許税が発生してくるものと考えておく必要があります。

購入時だけでもこれだけの税金が発生してきます。

しかし、日本国民である以上、納税は義務なので仕方ありません。
マンションの購入資金はローンを組めば支払いを待ってもらえますが、税金は待ってくれないので、マンションの頭金等の他に納付するための資金も用意しておきましょう。

http://tanekan.jp/yado.html
http://www.gov-book.or.jp/book/detail.php?product_id=183757
http://matome.naver.jp/odai/2142055055320370401



Copyright (C) 2016 マンション購入と税金の関係 All Rights Reserved.